• DCJ公式

車載イーサーネット試験:テストスコープ

更新日:6月3日

前回「車載イーサーネット試験」とは?、当社のご紹介いたしました、

本日は、試験する際のテスト範囲などをご案内させてください。


車載イーサネット試験テストスコープとして、設計開発の評価、デバッグ、

そして、IOP(Interoperability)相互運用性の確認など、さまざまあります、

また、検証に対応した機器も取り揃えており、関連するEMI/EMCなども

ワンストップで開発メーカー様、エンジニア様へのご支援サービス可能です。


車載イーサーネット試験
車載イーサーネット試験

サービススコープの一例

 Physical Layer Test

 Protocol Test

 TC2, TC9 Connector Test

テスト機器の一例

 Traffic Generator

 Oscilloscope

 Switch

 Media Converter

 Test Suite



今後の次世代自動車には必要不可欠な車載イーサーネット試験サービスをDCJでは、

ご提供いたします。

国内では名古屋工業大学様と連携、海外では弊社グループのLab-Tにて

弊社が窓口としてご提供が可能です。


随時、アップデートしておりますので詳細などはお問い合わせください。


車載イーサーネット試験

 

検証のためにひつような国や場所、機材、人など、さまざまな実績あります!

また世界各地の認証や規格にあわせた取得代行も可能です。

是非ともひと言「こんな検証できる?」などのお声がけお待ちしております。


別ウィンドウにて「DCJ公式サイト」へリンクいたします


最新記事

すべて表示