• DCJ公式

AI物体認識用途などの教師データ支援サービス


AI(人工知能)の精度や構築に関わりの深い教師データ支援についてご紹介いたします。


現在、世界中の企業が様々な製品に取り込み、自動車関連でも自動運転・ADASなどに

AIを活用する事例が増えております。

物体認識用途の大まかな仕組みとして、AIに認識させたい物体データを機械学習、

データを処理するトレーニング(繰り返し例題と正解)を重ねることで処理の精度が

高まり、認識の判断品質を向上させていきます。

そのようなAIの精度判断認識品質を向上には「教師データ」が必要不可欠となり

必要十分なデータが望まれております。

カンタン用語説明

・AI:人工知能アーティフィシャル・インテリジェンス(Artificial Intelligence)

・機械学習:AIが精度を上げるためのトレーニングなど

・教師データ:機械学習(教師あり学習)において使用するデータ

・アノテーション(annotation)画像などのデータにタグを付加し教師データを作る作業


弊社では物体認識用途にあわせた教師データ支援が多くの皆様より好評となっており、

自動運転/自動車等向けではリアルなさまざまな環境下での画像や動画によるデータ採取、

それにあわせたアノテーション作業も対応しております。




AIを構築する上で必要不可欠、かつ、品質面でも重要な教師データの収集やあらゆる環境下でのリアルな画像/動画データの採取など豊富な実績と困難な環境でも柔軟なご提案が可能となっております。次世代自動車の技術にお役に立てるデータをご提供いたします。




 

検証のためにひつような国や場所、機材、人など、さまざまな実績あります!

また世界各地の認証や規格にあわせた取得代行も可能です。

是非ともひと言「こんな検証できる?」などのお声がけお待ちしております。


別ウィンドウにて「DCJ公式サイト」へリンクいたします


最新記事

すべて表示